本文へスキップ

関西の投資用マンション、不動産投資 『株式会社 日本エスト』

電話でのお問い合わせは06-6265-0110

〒541-0053 大阪市中央区本町1丁目4番8号
エスリードビル本町14階

日本エストのマンション経営real estate

時代の動きを敏感キャッチ。資産を未来の価値へと変換します。

投資用マンション販売において、豊富な経験と確かな実績を誇る日本エスト。
お客様との信頼関係を何よりも大切にし、充実したネットワークで、ご要望に添う物件をご案内しています。
不安の募る現代だからこそ次代をしっかり見据え、お客様お一人お一人に安心と幸せをお届けしたい・・・
そんな想いを礎にして、日本エストはこれからも積極的にご提案を続けます。

不動産投資のメリットreal estate

それぞれの人にそれぞれのメリット

預貯金にほとんど利子がつかない低金利が続く中、株式投資・投資信託などで接客的な資産運用を行う人が増えています。
将来的な年金不安を補う「自分年金」に適してるとされ、退職金の運用先としても、毎月、安定的に得られる家賃収入で効果的な年金対策を行えます。

投資マンションを購入した理由

安定した副収入に興味のある方
安定した収入源、高利回り

老後の安心につながるに興味がある方
私的年金

節税対策に興味のある方
節税対策

キャッシュフローによる資産に興味のある方→インフレ対策


 

安定した収入源、高利回り

マイナス金利の現在、銀行にお金を預けても預金は増えません。
マンション経営の場合、4%の利回りと節税により、預貯金や国債と比べ高い利回りを生み出します。
預貯金、株等の証券、保険商品、不動産と資産を分割することより、安定した資産運用を行えます。

 

インフレ対策

インフレとは物価が上昇し続ける現象で、反対にお金の価値が下がります。
そのため、価値の維持と換金性が両立できる『資産』にお金が集まります。
このため不動産は預貯金などに比べインフレに強いといえます。
また、投資用不動産の価格は、利回りとの兼ね合いで決まるの側面を持っていますので将来的に売却してインフレによる貨幣価値下落のリスクを回避することもできます。